メニュー

2018年11月13日火曜日

コラム:皮膚と触覚と意識について

人間は他から侵害されたくない境界を持っている。集団としての国は国境を設け、
小集団では砦や城に堀をめぐらし、町村境を設けて自らの権益を守ってきた。家
族として家を構え塀や外壁で外と内を区別している。生物の個体である自己と世
界の境界は樹皮や皮膚である。皮膚の内側が自己で外側が他物すなわち世界であ
る。人間は触覚、味覚、視覚、聴覚、嗅覚の五感によって外側の世界を探ってい
る。味覚、視覚、聴覚、嗅覚は特別につくられた特殊感覚器官と呼ぶべきもので、
舌、目、耳、鼻がその役割を担っている。触覚は皮膚表面だけでなく内臓諸器官
にもそのセンサー機能がある基本的な感覚神経である。舌、目、耳、鼻の感覚受
容器にも触覚が備わっていることに注目したい。

植物は舌、目、耳、鼻を持っていないが、触られたことがわかる触覚を持ってい
る。根や樹皮、葉に存在する特殊な感知器で光や温度、水の存在を感じることが
できる。植物は一感しか持っていないが、その一感が触覚であることは注目すべ
きところである。地球上に生息する全ての生き物(植物を含めて)には触覚が備
わっている。触覚が受け取っている感覚こそ自己が外界を知り、自己を守り、生
存し、子孫を残すための根源的な感覚なのだ。生まれて間もないころの人間の子
供を観察してみると、主に触覚で環境や世界を把握しようとしていることがわか
る。

人間でいえば、自己と世界の境界は皮膚である。皮膚の表面には外界(自己以外
のもの)を探るセンサー機能が備えられている。皮膚は触覚の感覚器の役割を担っ
ている。皮膚が感じることが出来る刺激は、触られている(触覚)、押される(
圧覚)、痛み(痛覚)、かゆみ(痒覚)、温かさ(温覚)、冷たさ(冷覚)の6
種の刺激である。それぞれを圧点、痛点、温点、冷点が対応している。皮膚表面
の触覚は重さ軽さ、温かさ冷たさ、固さ柔らかさ、ザラザラ・つるつるなどであ
り、これらの感覚は好き嫌いの感情を招来し、心に影響を与えている。例えば、
初対面の人を堅い椅子に座らせると相手は座らせた人を固い奴だとおもう。自動
車の販売デーラーは顧客を固い椅子に座らせると値引きされないで済む。

PRESSURE(圧)、TOUCH(触)、VIBRATION(振動)、TICKLE(くすぐったさ)な
どの感覚を生理学用語で機械的感覚という。機械的感覚の受容器は指先と口唇に
多数分布していて、上腕、大腿上部、背部には少ない。肌があう肌が合わないな
どというように、触覚は人間にとって究極のコミュニケーションの手段でもあり、
触ってみなければ解らないというように、美術品や骨董品など見た目の印象と実
際触れて感じたものでは違うことが多い。インターネットで画像だけ見て商品を
購入して失敗するのも実際手に取って触らなかったからだ。

人間の皮膚の総面積は約1.6平方メートルでおおよそ畳一畳分に相当する。皮膚の
表面には1平方センチメートルあたり触点が25個、痛点が100~200個、温点
が0~3個、冷点が6~23個分布している。全皮膚表面には200~300万の
痛点があり、侵略刺激を受けて反応する。皮膚や粘膜に分布する3万点の温点が温
度に反応している。触点や痛点などの下には各種の感覚受容器があって、それら
受容器はそれぞれ固有の刺激に反応するようになっている。受容器が受けた反応・
興奮は1次知覚神経によって伝達され脊髄を上行して視床で中継され頭頂葉の体性
感覚野に到達する。体性感覚野には体の各部についての情報を取り扱うもののほか
に触れる対象の特徴を取り出せるようなニューロンがある。それらは、硬いものに
触れたときのみ反応したり、ザラザラしたものに触れたときのみ反応するもの、角
のあるものに触れたときのみ反応するものがある。体性感覚野でこれらの情報が統
合されて能動的に獲得する感覚をもっている。

意識とは考えることであり感じることも含んでいる。心を意識と言い換えてもよ
い。知覚とは考えることではなく感じることである。感覚と知覚の違いは感覚が
観られる対象であり、知覚は観る主体者の意識的な心である。熱いものに触れた
とき皮膚の温度受容体が作動し、電気信号として神経を通じて脊髄に到達する。
その時パッと手を離す行為が脊髄反射として起こる。これが感覚である。このと
き脳によって知覚されたわけではない。知覚とは情報が大脳皮質の皮膚の感覚に
対応する場所にとどいて「熱いと」感じることをいう。知覚には脳による意識が
必要である。脳のない生物は植物であれ、ゾウリムシやクラゲ、ウニなどは感覚
機能は持っているが知覚機能をもっていない。熟睡しているときに、誰かに触ら
れても感覚機能は作動しているが知覚されているわけではない。知覚には脳によ
る意識の働きが必要である。睡眠は脳の働きの休眠状態なので、知覚することが
できなくなる。より良い瞑想は意識がはっきりしていなければならない。脳が感
じようとして鋭敏に働いていなければならない。

人間には特殊感覚器官である舌、目、耳、鼻の他に触覚として身体の内側と外側
からの刺激信号をとらえて、中枢神経系に伝える働きをもった受容器(感覚器)
が皮膚の表面だけでなく、身体の全ての組織に存在している。これらの感覚系を
生理学で体性・内臓感覚という。体性感覚は皮膚の表面で感じる感覚の他、皮下
の筋肉や腱、関節などの受容器が内部感覚(深部感覚)としても感じている。そ
れから胃、腸、肝臓、肺、心臓などの内臓は内臓感覚をもっている。

人間が生きているとは、「生体を成長させ維持し動かすために外部からエネルギ
ーを取り込み、呼吸が継続し血液が流れ、神経系を電磁気的な信号が途切れなく
伝わっていき、その流れによってさまざまな身体組織と臓器に感覚が起こってい
て、生起している感覚の粗雑なものから精妙なものまで、意識的なレヴェルから
無意識レヴェルまで」、中枢神経系がさまざまな身体感覚を感じとって、それに
対応して命を守るために、身体が健全に動くように、適切な指令を身体各部に発
信していることをいう。

粗雑な感覚から精妙な感覚まで、我々は瞬間瞬間に生起する全触覚情報の数千万
分の一しか知覚できていない。知覚できない情報は全て無意識情報になっている。
その無意識情報が潜在意識化して我々の思考や行動に莫大な影響を及ぼしている
のである。プレクシャ・メディテーションは知覚することが難しいレヴェルの精
妙な感覚を、訓練によって知覚できるようになることを目指している。その達成
によって我々は深いレヴェルの自己認識に到達する。

皮膚の表面は自己と世界の境界になっているので、自己防衛のための兵士がたく
さん存在する場所である。その兵士が触覚器である。皮膚はアンテナのようにセ
ンサーとして働き、とても鋭敏である。そのような鋭敏な皮膚表面に感じようと
する心を向けるとき、高い集中力によって見逃していた精妙な感覚を知覚するこ
とができる。最も高度なダラーナ(集中のテクニック)は身体内部の精妙な感覚
の知覚である。これをヴィパッサナーといい、プレクシャという。好き嫌い、良
い悪いの判断を手放してありのままに感じ観察することを意味する。


<著:坂本知忠>
(協会メールマガジン2016/12月第67号からの転載です)

2018年11月6日火曜日

コラム:カルマヨギ・二宮金次郎


自己探求に偏りしすぎると宗教は理想主義の傾向が強くなり、社会救済を重視
すると宗教は現実主義、実用主義化する。宗教の理想は理想主義と現実主義が
フィフティ、フィフティに調和されたものが私は望ましい宗教だと考えている。
自己探求とは皮膚の内側に深く潜っていって真実の自己を見つけることである。
それがメディテーション(瞑想)である。瞑想によって「自分だと思っていた
ことが自分ではないとわかる」。真実の自己は神であるとの悟りを得ることが
できる。社会救済は愛、慈悲、菩薩行の実践である。社会救済は皮膚の外側に
自己を拡大していく行為であるということができる。社会救済、菩薩行、奉仕
行によって「自分ではないと思っていたことが全て自分だとわかる」。菩薩行
の実践によって、全てのものとの融合、宇宙との合一、神との合一が達成され
る。 沖正弘先生はそのことを真智聖愛と言った。真智が自己探求、聖愛が菩
薩行、二つ合わせたものが沖ヨガ行法でそれを冥想行法と呼んだ。自己探求だ
けの意味の瞑想でなく、沖ヨガは社会救済を含む意味の冥想行法と表現して両
者を区別したのである。

2600年前のインドは多くの出家僧が瞑想と苦行に取り組んでいた。当時の
シュラマナ系宗教は自己探求とカルマの解消、輪廻からの離脱にばかり目が向
いて理想主義、厳格主義に傾いていた。そのシュラマナ系宗教に対し、実用主
義、現実主義をとってシュラマナ系宗教を改革したのが仏陀だと私は考えてい
る。仏陀が現実主義(中道の教え)をとったため、厳しかった戒律が、後に仏
教徒によってだんだん戒律の数が増えていったのに反比例して安易なものにな
ってしまった。古代のシュラマナ系宗教の姿を今にとどめるジャイナ教は、魂
の存在を認め、非暴力、不殺生、無所有、無執着の戒律を、不合理でも現実離
れしていても何が何でも変更せずに堅持した。ジャイナ教が理想主義で仏教が
現実主義といってもよい。どちらが優れているかという問題ではなく、どちら
をより重視しているかの違いなのだ。

ヨガの部門は72部門あると言われている。その中で主要なものはバガバッド
ギータに説かれているジュニヤーナヨガ、カルマヨガ、バクティヨガである。
バクティヨガは信仰のヨガで全てに神を見ることで救い、救われを目指してい
る。ジュニヤーナヨガは自己探求の瞑想ヨガであり、カルマヨガが生活や仕事
を通じて社会救済をする菩薩行ヨガである。

カルマヨガとは何か、カルマとは日本語で業という意味である。業とは因縁果
のことであり因果律のことをいう。全てのものごとには起こってくる原因があ
り、原因と縁なくして結果はおこらないという考え方のことをいう。幸せにな
りたかったら幸せになるための行為をしなさいという実践である。それが社会
奉仕行、社会救済行である。仕事を通じ生活を通じて世のため人のためになる
奉仕行の実践がカルマヨガである。カルマヨガを実践したカルマヨギを思うと
き、私の頭に真っ先に思い浮かぶのは日本の偉大なるカルマヨギ・二宮金次郎
である。江戸時代後期から幕末にかけて日本はキラ星のごとく幾多の精神性の
高い人々を輩出した。武士階級だけでなく庶民階級からも優れた人物が現れた。
心学という道徳を教えた石田梅岩であり、船乗りの高田屋嘉兵衛や百姓出の二
宮金次郎もその一人である。

キリストや仏陀、親鸞、道元などすぐれた宗教的指導者になった人は、子供の
ころ父や母を亡くした例が多い。江戸時代後期小田原藩の百姓として生まれた
二宮金次郎も14歳で父を亡くし、16歳で母を亡くし、貧困という苦難に直面し
ている。そうした困難の中から世のため人のためになるという覚悟が生じてき
たのだから菩薩の出現と言ってもよい。金次郎は一般的に思想家、道徳家、農
村指導者というイメージで見られているが、大実業家であり現実的な商人、大
政治家、社会革命家などの側面をもっていて、一言では表現できない偉大な人
物である。身分制度が厳しかった江戸時代、百姓から武士に取り立てられ、財
政難に窮した各藩の改革を任せられ、それを見事にやり遂げていることに驚き
を禁じ得ない。

私が小学生だった時代、浦安小学校にも薪を背負って読書しながら歩く二宮金
次郎の石像が校庭の片隅にあった。努力と勤勉という道徳を教えていたのであ
る。二宮金次郎は理屈でなく実践で社会を向上させ多くの人々を幸せにした。
金次郎は徹底的な現実主義者、実用主義者だった。自然を良く観察し自然から
学び自分の体験を通して自分の思想を作り上げた人だった。私が金次郎を偉大
なるカルマヨギであるとする根拠は、日々の生活と実践を通じて無私の立場で
社会貢献をなした点を評価している。彼が亡くなった時、家も土地もお金も残
さなかった。すべてを他に捧げたのである。他に譲ることを金次郎は推譲(ス
イジョウ)といった。金次郎の教えを要約すると、天地自然の恵み、社会の恩
恵、父母祖先のおかげに報いるために徳行、報恩、感謝、積善をもってする実
践の道であるといえる。人間が働くのは、ただ自分の為に働くのではなく、他
の命のために働かねばならぬということであり、これを金次郎は「報徳」とい
った。私が金次郎を素晴らしいと思うのは、人間の道と天の道は違うと説いて
いることにある。「天の道は自然法則だから稲や雑草に善悪はない。自然法則
だけに任せると荒地になってしまう。人の道は自然法則に従うけれども雑草を
悪とし、稲や麦を善とする。人間にとって便利なものが善、不便なものが悪と
考える。この点で天の道(自然法則)と人間の正しい生き方は少し違う。人の
道は天の道に任せておくとたちまち廃れてしまう、行われなくなってしまう。」
自然法則に従うだけの理想主義ではなく、あくまで人間の生き方を現実主義、
実用主義としてとらえているのである。

金次郎は小さなことをこつこつ積み上げることを大事にした「積小為大の理法」。
金次郎は善悪、強弱、遠近、貧富、苦楽、禍福、寒暑など互いに対立している
ものを一つの円の中に入れ、常に総合的に物事を判断していた。因果律を重視
して積善を唱えた。万物は一つも同じところに止まっておらず、四季が循環す
るのと同じで陰極まれば一陽来復、厳冬だからこそもうすぐ春がそこに来てい
るのだと苦難に悩んでいる人を鼓舞した。天地の間で万物の道理は皆同じであ
る。善の種を撒いて悪の実がなることはない。悪の実がなったのは悪の種を撒
いたからである。困窮はその人自身の因果の上に成り立っている。他から救助
の手をさしのべる方法はない。本人の気づきが大事といった。本人がそのこと
に気づくようにして、それに気づけば惜しげもなく援助の手をさしのべたので
ある。

日本が生んだ偉大なるカルマヨギ・二宮金次郎のことをもう少し知りたい人は、
三戸岡道夫著『二宮金次郎の一生』(平成14年6月、栄光出版社刊)、及び現

代語抄訳『二宮翁夜話』(2005年2月、PHP研究所刊)を読まれることを勧めます。

<著:坂本知忠>
(協会メールマガジン2016/11月第66号からの転載です)